上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
Page4へ

No,018:Ryo "No9" Ishikawa >>> ollie bank to bank
20131210-aofr-ryo-ollie-updata.jpg
最近色々(?!)と噂の立つぎゃんぐすたぁ、港北ニュータウンローカルのりょうくん。この日は前日のバリスケで全身カチカチの状態。最初のトライはほんとにメイクできるのだろうか?と疑問に思うほど体が動けていなかったけれど徐々に慣れてきて、最終的にはスタイルのはいったメイクまで到達。デッキ一枚もない小さくてキワモノなバンクからポールを飛び越えて石のブロックの隙間にバンクイン。余談ですが、このスポットが蚊が大量発生していてこの写真の撮影中に最低でも9か所以上は刺される事態に。その辛さは写真に収めることは出来ませんでしたが前回に続き、今回は9の倍数ということで18枚目となります。

No,019:Yusuke Matsumoto >>> backside tail slide
20131210-aofr-matsuda-bstail-updata.jpg
港北ニュータウンローカルのいじられキャラ、松本a.k.aまっちゃん。港北ニュータウンと川崎市の境目辺りに住んでいるまっちゃんは、いわゆるゲットー地区の出身。にも関わらずヤンキー街道の道をそれてスケートボードとヒップホップの虜になることで人生を多少は救われた一人。何もないところで突然転ぶという妙技を持ち合わせているのだが、この撮影の日は謎の転倒は起きることなく無事終了。90年代中盤を髣髴させるような下からえぐりこんだアングルで腰具合の良い一枚。

No,020:Toshihiro Sato >>> wallie slope in
20131210-aofr-toshi-wallie-updata.jpg
現在発売中のB.P.TRADINGの作品、THIS CONTINUEDの茨城での撮影の1cut。古くから付き合いのある仙台のレアキャラのとし君。このスポットでみんなで滑っている中、手前の鉄板が持ち上がることを発見。適当な材料で急遽組み立て新たなスポットが完成。独特な角のない、滑らかで柔らかいスタイルでのハンマートリックが炸裂。更にはより良いトリックに進化させる為にエスカレートしていくことに...。そんな彼のスケートに対する姿勢が裏のニックネーム、「地獄先輩」と言われている理由の一つ。

No,021:Takaaki Shinzato >>> backside smith grind
2014-jun-AofR-gallery-jr-bssmith-photo.jpg
港北ニュータウンローカルでIpathと5nutsのライダーJRこと原人ことたかちゃん。絵図らが良いフラットレールがあるとの事で写真を撮りに行くことに。スポットに着くと、絵図らは良いけれど、天井が低くて頭がぶつかりそう。これは乗れるのか?というこちらからの疑問に、彼は大丈夫の一点張り。とりあえず50-50を試すものの、しっかり肩がぶつかりさらに怪しい雲行きに...。しかしこちらの心配をシカトするかのようにバックサイドスミスをトライ、どうもスタイルを入れる際にうまくよけれるとの事で、少々苦戦しながらも最後は無事に天井をよけながらメイクしてくれた。いつも心配させてくれます。

Outroへ
スポンサーサイト
01/31|galleryコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
Page3へ

No,014:Keishi Tsuchiya >>> switch heel flip
20131210-aofr-kec-switchheel-updata.jpg
横浜は港北ニュータウン出身でスタイルスケートのパイオニア、けいしくん。この日は彼の家の近くの某大学内の前から気になっていたスポットをヒットしにいくことに。奥に潜む謎の危険そうなマシン(?!)を横目に綺麗に足の開いたスイッチヒールフリップをピタピタに決める。綺麗に手の開く上半身と進行方向に突き出したすり足のバランスもベストです。

No,015:Junya Nagashima >>> front side wallride
2014-jan-AofR-gallery-nagashima-fswallride2-photo.jpg
スケートボードの代理店アドバンスマーケティングの永嶋くん。茨城県在住で車の免許を持たないスケーターにとってのストリートスケートは決して甘くない。このスポットもナイスな絵図らのバンクtoウォールだけど、バンクの面はぼろぼろのアスファルト。甘えなしの厳しい環境でも、滑りたい、メイクしたい気持ちが勝った瞬間。金網越しのしゃれた構図でシャッターを切った、手のスタイルが特徴的な一枚。

No,016:Ryuno Sakai >>> nocomply
2014-jan-AofR-gallery-nocompley-photo.jpg
湘南エリアを中心に、実験的なストリートスケートで映像作品を製作しているGive UP film works。この日はそのメンバーのぴっころ君と、翌日からオーストラリア留学を控えたりゅーの君と撮影に。留学前に是非、写真を残してもらいたいというこちらのリクエストに答えてくれた素敵な一枚。良いスタイルが出るまで何度もトライしてくれたので、写真で撮ることのむずかしいNo complyというトリック(少なくとも自分は...)にもかかわらず、とスタイルのピークを収めることに成功。

No,017:Kunio Hama >>> backside wallride
20131210-aofr-piccoro-bswall-updata.jpg
この前の写真でも説明済ですがこの日はピッコロ君とりゅーの君との撮影に。さすが今まで沢山の撮影をこなしてきてるだけあり、この日も無駄のない終始スムースな撮影の流れ。午前中から合流し、最初に着いたこのスポットは以前トライした時には手前の電柱に頭突きをメイクしたらしい。けれど、この日は頭突きはメイクすることなく、無事にトリックをメイク。手首にスタイルの効いた、昔のSLAP MAGみたいな写真となった。

Page5へ
01/31|galleryコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
Page2へ

No,010:Jun Mizuta >>> 360flip onstage
20131210-aofr-jun-360flip-updata.jpg
前回に続きまして今回もフォトギャラリー特集をご用意しました。今回は12枚の写真をご用意しております。こんな人やらあんな人まで色々沢山、写真を撮らせていただいてます。相変わらずまだフラッシュは用意していないので、結局今回も全部昼間の自然光の写真となりました。数名のスケーターにまだフラッシュ買わないの?と急かされながら、買うことなく今回の写真も撮り終え、この雰囲気がTheARTofRollingらしさのひとつになればなんて勝手に思ってます。少しヤケクソ(笑)。

No,011:Kenji Tanaka >>> frontside smith grind
2014-jan-AofR-gallery-kenji-fssmith1-photo.jpg
スケートボードの代理店、アドバンスマーケティングのけんじ君のフロントサイドスミスは、どっしりと重心のかかった力強いスタイル。踏み込む力が強過ぎるのか、何度かまくられて地面にたたきつけられるスラムをするものの、タフな精神力で無事にメイクしてくれた。角度の効いた搬入口の脇が見事な鉄のカーブで出来たスポットで、サンフランシスコのダウンヒルスポットを髣髴させるような一枚に仕上がった。

No,012:Taisuke Yokoyama >>> frontside nose grind from the window
20131210-aofr-taikun-nosegrind-updata.jpg
午前中から横浜駅で待ち合わせして、横須賀のスケーターたいくんとの撮影&クルージング。お互いの持ち合わせているスポットリストを漁りながらヒットしてはプッシュと電車で移動という、ストリートスケートを満喫する楽しい一日となった。そして日が落ちたら、その辺のコンビニ前でビールをプシュ。そんな有意義な一日を過ごせて、お互い「早起きは三文の徳。」という言葉に妙になっとくしてしまった。そんな日の、小窓から覗き込むようなアングルでシャッターを切った、ゆったり楽しいノーズグラインド。WAXの塗りすぎにはご注意を。

No,013:Futoshi Tokuyama >>> wall ride faike
2014-jan-AofR-gallery-futoshi-wallfaikie-photo.jpg
横浜ローカルでレジェンドスケーター小島氏のショップ、ファブリックのライダーのふとし君。マジェンタのDECKに乗って、まさにマジェンタなスタイルで滑るスケートがいつも印象的なスケーター。自分の見せ所を良く知っていて、スキルとスポットやトリックのセンスを持ち合わせているスケーターはあまり多くないけれど、彼はそんなスケーターの一人。これも絵図らの良いオブジェで、シンプルでスタイルの効いたマジェンタっぽいお洒落な一枚。

Page4へ

01/31|galleryコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
Page3へ

No,014:Akira Imamura >>> frontside 50-50 grind
akiraimamura-fs5050-photo-blogdata0425-P14.jpg

先日のヒロキの写真と同じ日にストリートをヒットしている最中に見つけたスポットで撮れた写真。実はヒロキの写真を撮った場所から3分ほどの場所。これまた偶然見つけて、即興で料理。少し苦戦するもばっちりとメイク。さすが東京ストリート、本当にスポットだらけです。

No,015:Takaaki Shinzato >>> Ollie
JR-ollie-photo-blogdata0425-P15.jpg
IPATHの若手Jrとはよく撮影に行く。しかしたまに突拍子もないスポットで滑ると言い出す。この日もここに連れていかれて、オーリーすると言い出した。プッシュは土、着地のランディングも土、おまけに先日の大雨で柔らかめ。「どうすんの、これ?」、「土からプッシュします。」、「...。」、そしてその会話の数分後には土にウィールの跡を残し、きっちりメイク。写真も雰囲気のある一枚に仕上がった。...んー、なんかよく分からなくなってきたけど、まあどうでもいいや。

No,016:Yusuke Takazawa >>> backside hard flip
yusuke-bshardflip-photo-blogdata0425-P16.jpg
先月の大阪ツアー中での一枚。前日ゆーすけが発見したこの謎の物体は、ブラックホールと名づけられたスポット。近くの宇宙を意識したオブジェからの距離的に、これはブラックホールなんじゃないかという話になった。見た目以上に難しいこのスポットで不思議な動きのこのトリックをメイク。初めて撮るトリックが一番良く見える場所を模索しながら、スタイルの際立ったピークを探しならがシャッターを切った夕暮れ時。

No,017:Shun Moroi >>>Nosejam
shun-nosejam-photo-blogdata0425-P17.jpg
週末に西東京に撮影に行った時にはじまったトンネル内でのをウォールセッション。この時は大阪からゆーすけが滑りに来ていて、彼らがたわいもなくウォールをやり始めた。もしかしたらシルエットの写真が撮れるんじゃないかと思ってカメラを構えてシャッターを切ってみる。そして案の定。シルエットにしゅんらしさがしっかり滲み出た一枚に仕上がった。

Outroへ
04/28|galleryコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
Page2へ

No,010:Shuhei Takami >>> ollie
shuhei-ollieovergap-photo-blogdata0425-P10.jpg
金沢から横浜に来ていたしゅうへいとタイミングが合うことになり、撮影に行くことに。スポットの写真は見せていたけれど、向かう途中にメイクできないかもしれない...なんて勘ぐりながら現地に到着。着地点に土が溜まっていたけれど、それは掃除で難無く回避。そして数トライで柵を飛び越えて、ポールと茂みの隙間に難無く着地。道中の勘ぐりは無用でした。

No,011:Masateru Munekata >>> backside 50-50 grind
soumaTousan-bs5050-photo-blogdata0425-P11.jpg

家族でスケート大好きのそうまファミリー。この日はそうまのお父さんとそうまと准と4人で千葉まで日帰りトリップ。彼らのお気に入りの海沿いの公園で、ゆる~い週末スケートセッション。そしてこの日はお父さんが只今練習中のこのトリックを遂に初めてメイク。そしてその瞬間に立ち会って、たまたまカメラを構えていたのも、きっとこれがスケートボード。

No,012:Shogo Zama >>> quick up frontside 5-0 faike
zama-fspivotfaike-photo-blogdata0425-P12.jpg
若干16歳という高校生スケーターざまちゃん。年齢とは似合わぬ成熟したスタイルとスキルを持ち合わせる次世代スケーター。この岩のスポットは入り口も段差があり路面もボコボコ。とても忙しいスポットにも関わらず、返しはきちんと跳ねてフェイキーアウト。しきりに「腰のめくれ加減を伝えたい。」と言っていた。そんな高校生あともう一人位しか知りません。

No,013:Masaki Haga >>> backside tail slide
mar-bstailslide-photo-blogdata0425-P13.jpg
この撮影はリベンジ4回目だった。まーくんの得意技のこのトリックが、なぜそんなに通ったのか。1回目の予定は雨。2回目の予定は彼がインフルエンザ。3回目の予定も雨。そしてようやく4回目、気温は寒いけど雨が降りはじめる午後までの数時間は滑れそう。その限られた時間の中でのトライ。そして雨がぱらつき始めた頃にまとまったスタイルでメイク。ストリートスケートはスキル以外にも忍耐力も必要としますね。

Page4へ
04/27|galleryコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
category
search
link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。