上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
Page1へ

2014-jan-AofR-project-top-photo.jpg
スケートボードを使ってテーマを作りそれに合わせた写真を撮影する実験的な企画、project。この企画の第一弾は ON THE GROUND というタイトル。トリックが始まってからメイクしたといえる状態になる一連の動きの中で、スケートボードのどこかしらの一部分が地上(フラット)に触れ続けているトリックを写真に収めようという企画。つまりテールをはじいて浮いてまったり、メイク時に段差をおりたりして浮いている瞬間が出来てしまうのは、NGですよ、と。なんとなく考えてみてもそれなりに色々思いつくけれど、それがストリートの面白いスポットと融合したらどうなるのだろうか?そんな風に色々工夫しながら撮り収められた4枚の写真を解説と一緒にご覧ください(笑)。

No,006:Akira Ishizawa >>>backside nose powerslide
2014-jan-AofR-gallery-Esan-nosepowerslide-photo.jpg
横浜の重鎮、レジェンドでありながらも今も現役最前線のプロスケーターいーさん。長年スケートを続けてきているだけあってボードのコントロールはピカイチ中のピカイチ。繊細な力加減も絶妙にコントロールしてくれます。この企画のリクエストにギャラリー風にマンホール越えのバックサイドのノーズパワースライドを披露してくれた。このトリックは形もかっこいいのでギャラリーには持ってこいです。肩にかけたままのポーチと引きのアングルが自然な風合いを醸し出してくれる素敵な夕暮れ時の一枚に仕上がりました。地面からスケートボードが離れることなくトリックが成立。

No,007:Yuta Hirano >>> slappy 5-0grind
20131210-aofr-yuta-slappy5-0-updata.jpg
港北ローカルでアパレルチームDAGARCIを手がけるゆうた。その辺の段差にノーワックスで5-0のスラッピーグラインドをかましまくるのが得意技の独特なスタイルで滑る。今回のこの企画の内容には持って来いの人材ということで、絵図らの良いスポットで試してもらった。階段の上から段差にスラッピー5-0グラインドして階段の上に戻るという、終始かかと側のwheelが地面についた状態でメイク。

No,008:Takumi Seimiya >>> needle attack
2014-jan-AofR-gallery-seymi-noseattack-photo.jpg
港北ローカルでアパレルチームDAGARCIの映像部門担当の清宮。彼がこのトリックを開発したのを以前見ていて、この企画で是非このトリックを写真に収めたいと思った。どこにでもあるような盲人用の点字タイルが3枚連なっていて、スムースな路面でないとノーズが最初で詰まってしまう。なかなかありそうでないこのスポットを見つけ出して、以前メイクした2枚越えを上回る3枚越えを、これでもかというくらいスタイルを入れてきた。終始ノーズが地面付き続けた状態でトリックをメイク

No,009:Shun Moroi >>> like a backside tailslide
2014-jan-AofR-gallery-shun-likeabstailslide-photo.jpg
IPATHとsundance flowのライダーの駿。このスポット(というかスポット?!)を見つけた時、これは写真にしたらきっと面白いだろうなと思い、それからずいぶんと時間が立っていた。そしてこの企画を思いついて、彼に相談したらどうもこういうスポットをずっと探していたらしく、こういう写真を撮りたかったようだ。どういうことだ?そりゃ?!なんて思いながらも、意気揚々と週末の午前中に現地に出向て、いとも簡単にバックサイドテールスライド(になるのかは不明)を決めてくれた。撮影も終始ノンストレス、さくっと終了。

~結果~
そりゃーオーリーが出来ればスケートボードの出来る可能性がぐんと広り、より面白くなる。けれど、オーリーをしなければスケートボードは面白くないのか?といったら、そんなことはまるでなくてプッシュだけでもスケートボードを楽しむことが出来る。乗ってくねくねして、たまにパワースライドしてればそれだけでも十分面白い。更には考え方一つ変えてみるだけで、オーリーで飛んだり跳ねたりしなくても面白い写真やビデオなんかも撮ることが出来ちゃったりする。スケートボードの可能性は無限大ということで、実験成功。

Page3へ
スポンサーサイト
01/31|projectコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
category
search
link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。